シドニーのススメ

7月シドニー旅行のススメ

7月シドニー旅行のススメ

  • お勧めその①過ごしやすい気候

7月半ばにシドニーへ行きましたが、日本の10月〜11月頃の気候でした。え?これで冬というくらい暖かく、日本の秋です。昼間は20℃を超える日もありとてもジャケットを着ていられないくらいで、夜になると涼しくなるので、長袖の上にジャケット1枚くらいがちょうど良かったです。湿度が低いので13℃と聞いても冷え性の私でも全然寒くありませんでした。シドニーは日本の10月くらい、郊外は11月くらいの気候でした。

  • お勧めその②観光地がガラガラ

郊外に行くと10℃以下になるのでダウンが必要ですが、シーズンOFFなのでブルー・マウンテン↑は貸切状態。ブルー・マウンテンがよく見えるエコーポイント展望台から写真取り放題。ガイドさん曰く、シーズン中は中国人の団体客で大混雑していて、展望台から綺麗に写真を撮るのも一苦労だという。ツアーもガラガラなのでアットホームな雰囲気もあり盛り上がりました。ツアー参加者は私たち含め、6人のみ。JCBカードプラザに行き、どのツアーも空いていたので直前予約でも選びたい放題でした。

郊外は寒いと言っても全然白い息も出ないくらいで、澄み切った空気がとても心地よくユーカリの木も見放題!↑ブルー・マウンテンへ行く道も殆ど人がいないので、大自然に囲まれる中、ゆっくり散策できてとても気持ちよかったです。

ブルーシスターズへ向かう急な100段の階段も、人に押されることもなく流されることもないのでゆっくり上り下りできます。ブルーシスターズを観た後のお土産やさんも喫茶店もガラガラでゆっくり紅茶を飲みながら休めました。T2の紅茶が有名なのですが、かなり美味しいのでシドニーの街中にあるお店で大量購入。ブルー・マウンテンの近くにある喫茶店でもT2の紅茶が飲めます。

ボンダイビーチも見放題なので疲れたら付近のお店でゆっくりするのも良いです。昼間は暑いので美味しいアイスもちょうど良い。

シドニー大学も見放題。シドニー大学はバスが観光バスが何台も横付けされていて中国人観光客がシドニー大学の芝生↑でゆっくりしたり、中を散策したりしていましたが。敷地が広いのでそれ程観光客も多くは感じませんでした。将来の下調べか?!子連れ家族がたくさんいました。

シドニーは美味しいお店がたくさんありますが、行列が出来る店も全ての店で全然並ばずに入れました。唯一並んだのはスタバくらい。

ハーバーブリッジも風が気持ちいいです。日本の冬のように風が冷たすぎて屋内に入りたい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ということはなくて、冬なのに湿度が低いせいか、カラッと晴れた日は「日差しが暑いから上着脱ごう!╰(*´︶`*)╯♡」くらいのいい天気でした。

  • お勧めその③大自然を満喫できる

   

冬でも至るところに緑があり、広い公園にはフレッシュグリーンの芝生が広がって、昼間は日光浴している人の姿がいました。自然と街が上手く融合していて、素敵な街です。また、国によっては街の雰囲気が怪しいな、とかパリのように常に辺りを警戒しながら歩くということがありますが、大都市なのに治安がよく、移民が多いので大変住みやすい印象です。昔、私の父が将来オーストラリアに住みたいな〜と言っていた理由がわかりました。人もとても親切で、お店の店員さんは皆、話しやすく人当たりが良いです。

 

旦那さんと7月は穴場だから絶対次も7月に行こうねと言っていました。何度でも行きたくなる都市です。

食事

  • Steersons Steakhouse

オーストラリアに来たらオージービーフ食べずには帰れないでしょ!!ということで、有名人が多く訪れるというSteersons Steakhouseに行ってきました。麻生元首相が食べたなら絶対美味しいでしょ!!という単純な思考からここに決めました。私はあまり塊肉が好きではないので、牛フィレ肉100gにしましたが、十二分に堪能。生肉嫌いなのでウェルダンが良いと言ったのだが、優しそうな店員さんが、ミディアム気味の方が美味しいということでテキトーにそれで良いよ( ̄ー ̄)と言ったら、実に見事な焼き加減で、ミディアムとウェルダンの中間くらいの柔らかくて、しっかり火が通った絶妙の肉の塊が出てきました╰(*´︶`*)╯♡高級な肉をバーベキューで丁寧に焼いた特別な味がしました。サラダの中に洋梨や焼きリンゴが入っていて、洒落た店。ハーバーを見ながら食べれますし、テラス席もあるので、雰囲気もとても良いです。!冬の夜はさすがに寒いので、屋内で食べるのがbetter 。d(^_^o)トイレがすごく高級感があって綺麗なので絶対に行った方がいいです\\\\٩( ‘ω’ )و ////高級店なので、安く食べたい人には他のお店を勧めますが、味は間違いなく美味しいので、またお金を稼いで来たいと思うお店です。

  • Lucio Pizzeria

シドニー市内にある美味しいイタリアンが食べれるお店💖店員さんのイタリア人がとても面白い人でした。Via Napoli PizzeriaよりもLucio Pizzeriaの方がピザが美味しいです。近くに座っていた老夫婦が注文した最初の前菜が(前菜の盛り合わせか?)テーブルに載らないくらい出てきて、食べきれないことがわかり笑っていたので、注文時は店員さんに量を聞いて相談しながら決めた方が良いです。周りの客も「老夫婦2人で食べきれないだろっ(°▽°)」って感じで唖然( ̄(工) ̄)店員さんは笑ってました。

 

  • Abb Air Thai Cuisine 1982

シドニーにはタイ料理や中国料理店が多数あります。ここは開店直後に行ってギリギリ並ばずに入れたのだが、私の後に続々と人が来て、皆外で並んでました。

ここは写真を見てメニューを決めれるのが良いのと、とにかく美味しい( ´ ▽ ` )タイで食べた美味しいカオマンガイを思い出しました。私は焼いてあるカオマンガイにしたので、日本の焼き鳥がご飯の上に乗っているまんまの味で間違い無い味でした。旦那さんは辛いものが苦手なので、辛いソースは使いませんでしたが、ご飯は鳥スープと一緒に炊いているので味がしますし、鶏肉も味があるので辛い人でも美味しく食べれます。鶏のスープが付いてくるのだが、濃厚で優しい味でとても美味しかった。タイ人客が多くてお店はタイの地元民が通いそうなお店の雰囲気なので店員さんは忙しそうで無愛想だし、超清潔か?!と言われれば返答に困るのだが、安くて美味しいのでここはまた行きます。

  • Rivareno Gelato

シドニーで美味しい人気ジェラート店💖イタリアの味がします(*’▽’*)冬の夜に食べたから寒かったんだけど、濃厚で高級感あるバニラの味でした。イートインスペースもあります。

 

ボンダイビーチに行った時に偶然見つけた美味しいジェラート屋さん💖イタリアで食べた本格的なジェラートを思い起こさせる味で感動(*’▽’*)冬にアイスなんて寒っ!!Σ(゚д゚lll)・・・と思いきや、シドニーは昼間は20℃超える日もあり、歩いてると暑いので、癒されました。

 

またジェラートがどれも美味しそうケースに並べられていて、味見も出来ます。カップかコーンどちらでも選べて、店員さんもとても親切でした。

      

店内はモダンで明るい雰囲気。中で食べれるスペースもあり、ボンダイビーチに行ったらまた立ち寄りたい店です。

  • MARY’S VS Burger Project Macquarie Place

MARY’Sは偶然にも泊まっていたシェラトンの隣にあるハンバーガー屋さんで、バンズが柔らかくて、肉がジューシ💖ポテトがカリカリですごい美味しかった。Burger Projectも人気のハンバーガー屋さんで、どちらも美味しいけど、私はMARY’Sの方が好き。ハンバーガーだけ比べるとMARY’Sはちょっとシェイクシャックに似てるなぁ〜って思ったし、ポテトが細くてマックのような感じが好きだった。バーガープロジェクトのハンバーガーは神戸でも食べれる味と思ってしまったり。。。こればかりは好みの問題なので是非食べ比べてみて下さい。店内モニターにファイナルファンタジーが映し出されてて、懐かし〜って思いながら待ってたらすぐ出てきた(*’▽’*)閉店間際に行ったので全然待たずに済みました。テイクアウトしたんだけど、店員のお兄ちゃんがまたすごい気さくていい人でした。MARY’Sは次も絶対行く。

Burger Projectのストローの模様は可愛かった↓↓💖

  • Mappen Sydney CBD

安くて美味しいうどんが食べたくなったらここがオススメ💖店員さんも日本人だし、日本の懐かしいポップスが流れてるし、何せつゆが美味しい!!うどんと天ぷら頼んだらもうお腹いっぱいに。シドニーで日本食が恋しくなったらまたここに行きます。隣に座ってたオタクっぽいオージー巨漢2人組がアニメの話をしていたので日本が好きなのかな?と思ったのだが、客がほとんどアジア人だったせいか、周りをキョロキョロ見渡していて、オーストラリアにいるのに肩身が狭そうな感じがウケた(≧∇≦)

  • 一風堂

 

海外に行って大都市に行ったらまず一風堂と鼎泰豊(ディンタイフォン)に行く私。海外の一風堂に貢献しすぎてそのうち表彰されるんじゃないかと密かに期待している。安定の味です。間違い無く美味しい。一風堂も鼎泰豊(ディンタイフォン)も席がたくさんあり、すぐに入れました。

  • YASAKA

シドニーで人気のラーメン屋さん。ここは家系ラーメンが好きな方は大好きだと思うが、私は一風堂の方が好き。シドニーはほとんどの店でキャッシュレス化が進んでいるのだが、ここは現金支払いなので注意。次は行かないかな。

 

ホテル(Sheraton on the Park

 

シェラトンに泊まりました。オフシーズンは5つ星ホテルでも安いです。但し、ダーリングハーバーから海の景色が綺麗に見える場所やオペラハウス、ハーバーブリッジが見える場所はやはり高いです。シドニーの夜景重視ならハーバー側がいいですが、買い物や美味しいお店重視ならシェラトンの辺りが便利です。隣がコンビニで帰りに飲み物を買って帰ったり、スタバに寄ったり、買い物の荷物を置きにホテルに休憩がてら戻ってはよく、また街へ繰り出していました。美味しいハンバーガーショップも隣にあり、ヘトヘトで疲れて夕飯に困ってもテイクアウト出来ますし、オペラハウスから夜風に当たりながら20分くらい歩いて帰っても心地よい風がむしろ気持ちよかったです。  

荷物置き場やクローゼット、大きい鏡もあるし、バスタブもあればバスタブとは別にシャワーブースもある。

オーストラリアは乾燥している上に冬シーズンということで、喉を痛めないように常にバスタブに水を張っていました。

さすがは欧米!!バスタブも広いし、タオルがたくさん置いてありました。

外に出るとすぐに掃除してくれるので、お昼に少し休みたい時も気を遣わなくていいので良かったです。

オーストラリアのスポーツ番組ってクリケットとオーストラリアンフットボール(アメフト的な)・・・+たまにゴルフ囧rz

唯一楽しかったのがニンジャという一般人が参加する日本のサスケ的な番組(^∇^)欧米人はSASUKE番組とか●●’s Got Talent みたいな一般人参加型番組好きだね〜、笑。

  

毎日ペットボトルの水が2つ補充されます。

公園側だったので、あんまり景色は期待してなかったですが、緑も見れました。日本もデカイ公園欲しいね╰(*´︶`*)╯♡

 

朝食は6時台に行くとガラガラでスタッフが気を遣ってくれるし、食べ物や飲み物の補充が足りない(ㆀ˘・з・˘)ってことがなくてオススメ!味は普通です。日によっては味噌汁やチャーハンがあります。最後の日は朝食後すぐにチェックアウトしたかったので、大きなキャリーケースを持って朝食を食べに行ったら荷物を預かってくれました。

お土産

オーストラリアに行ったらT2の紅茶はマストです!!日本には売っていないのですが、品があって味わい深く、大変美味しいです。シドニー市内にはどこにでもお店があり、T2の紅茶を取り扱っているカフェもあります。ブルー・マウンテンの前にあるみんな立ち寄るであろうカフェに全く期待せずに入り、紅茶頼んだら、「ムムっ!!上手いな!この紅茶(゚ω゚)」と感動!よく見たらT2の紅茶だった。

イングリッシュブレックファーストやアールグレイはやはり王道で人気があります。ティーバッグ60パック入りのイングリッシュブレックファーストを買いましたが、あっという間に飲み尽くしました。(゚∀゚)帰国後もイングリッシュブレックファーストをT2のホームページから取り寄せています。税抜きで、120ドル以上買うと、オーストラリア以外の国への送料も無料になるので、爆買いしています。その他、私はトロピカルティーが好きなので、Green Rose↑という紅茶も買いました💖南国のトロピカルティーを連想させるいい香りで、全然バラの匂いはなく、香りもしつこくないです。口当たりがすっきりしていて大変飲みやすいのでオススメ。緑茶とローズなので砂糖なしで飲めます(むしろ要らないʅ(◞‿◟)ʃ)。とはいえ、私のNo.1はやはりイングリッシュブレックファーストなので、グリーンローズはたまに飲むように25バッグ入りの小さいタイプを買いました。T2の紅茶のお店は全種類の香りを嗅げるし、たくさんの種類があるので迷ったら店員さんと相談もできます。全ての紅茶はティーバッグOR茶葉の2種類ずつあり、似たようなパッケージで間違いないようにご注意を(実際、間違えそうになった( ̄+ー ̄))。

あと砂糖なしで飲めるお茶のオススメはBuddha’s Tearsというお茶。味は美味しいジャスミンティーです。高級な味がするので、少しずつ飲んでいます。香りも良くてとても飲みやすいのでオススメ(*’▽’*)

メルボルンブレックファーストも人気ですと言われましたが、香りを嗅いでみると、シナモン?バニラ?( ・∇・)?と思われる独特の香りがして裏を見てみると、バニラが入っているとの記載あり。味もバニラの味がしっかりしていて、洒落た女の人が好きそうな紅茶ですが、王道派はやはりインブリッシュブレックファーストの方が無難です。

パッケージが外国らしくシンプルなんだけど、おしゃれでお土産用にプレゼントするのもいいですね。

  • ピンクソルト

家のお土産はほとんどが消耗品が多いです。普段使う分には安いものだけど、旅行でちょびっと普段よりは高価なものを仕入れてきます。塩はその典型例で、お土産でも高くないですし、家庭で作るステーキや魚料理が美味しくなります。良い塩の見分け方は中で固まっているのは論外(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾サラサラ〜っと1粒1粒がくっついていないのが良い塩です。

  • ホホバオイル

ベビーオイルとしても使えるホホバオイルは全身に使えます。豊富な栄養分が蓄えられており、高い保湿力があります。アンチエイジングや肌の保湿、ヘアオイル、頭皮のトラブルについて効果が期待できるようです。ガイドさんがくれたホホバオイルの紙には育毛促進効果が期待・・・ってこれは流石に言い過ぎだろ?!Σ(゚д゚lll)

  • ティーツリーオイル

  

昔は薬として使われていたというティーツリーオイルは直接傷に付けられる薬です。切り傷やニキビ、虫刺され、口内炎や水虫、ダニ・ノミ予防に効果があるようです。また、ガイドさんがティーツリーオイルと精製水を使って作ったお手製のスプレーを車内に撒いたのですが、香りがとても爽やかで私はボディーソープの中やハンドソープの中に数滴垂らして使っています。無香のボディーソープが爽やかな香りになります。ティーツリーオイルはPOISON表記があり、原液を全身に塗りたくるものではありません。必ず使用上の注意をよく読み、しっかり薄めて使ってください。

ユーカリオイルもティーツリーオイル同様、抗菌力や殺菌力が高く、除菌やリフレッシュ効果があります。原液を嗅ぐとキンカンやムヒを嗅いだ時のような鼻にツーンとくるような刺激臭がしますが、全然臭くはありません。薄めて使えば爽やかな匂いがあり、鼻詰まりに嗅ぐと鼻がすっきりする効果もあります。花粉症や虫除けにも効果があるという。こちらもPOISON表記があるので、原液の取り扱いには十分注意し、しっかり薄めて使うことをお勧めします。ガイドさん曰く、洗濯物の生乾きの嫌な臭いはユーカリオイルで消えるのでオススメとのこと。地元の人も実践している方法で掃除にもユーカリオイルを使用しているのだとか。ウチも排水溝の嫌な匂いが気になる時に使っています。少量で臭いが収まります。

ホホバオイル、ティーツリーオイル、ユーカリオイルは精度の高いものや、オーガニック認定を受けたものはやはり高いです。お土産やさんやツアーで売られているので観光客には手に入りやすいです。ただ、薬局で買った方が半額以下の値段で買えるので、ほぼ薬局で買いました。地元の方はきっと薬局で買うだろうよ・・・(¬_¬)

抗菌力の高いユーカリ石鹸もあったので、購入しましたが、男性も好む爽やかで良い香りです。

  • ハチミツ

私はマヌカハニーを買ってしまいましたが、知らずに食べると薬?マズイ、想像していたのと違う(ㆀ˘・з・˘)と殆どの方が思うのではないかと思います。甘くて美味しいハチミツとは全く違いますので、美味しさを求める方は普通のハチミツを買うことをお勧めします。せっかくだし、マヌカハニーを買いたい!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾という方は小分けにされたお土産用のマヌカハニーや小さな小瓶から先ずは買ってみることをお勧めします。マヌカハニー自体は抗菌力があり、ピロリ菌予防や腸内環境を整える際についても効果が期待されているようですが、私はスプーンで1口食べたらもぉいい( ;∀;)となりました。

  • チョコレート

オーストラリアのチョコレートでティムタム買う人も結構いると思うが、スーパーで買えるし、日本のスーパーでも見かける様になったので、わざわざ買うか?!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ということでオーストラリアでお土産にしたいチョコレートHAIGH’S(へーグズ)KOKO BLACK(ココブラック)を買いました。アメリカのチョコみたいに甘すぎず、日本のチョコに近い甘さなので美味しいです╰(*´︶`*)╯♡中にナッツが入っているものからプレーンのもの、お酒が入っているものもあったり、ミントが入ってたり、ダークチョコからホワイトチョコまで様々なチョコが売っています。どちらの店も店員は寄ってこないので、聞いたら気さくに答えてくれるし、「英語なんて話しかけられるのごめんだわ〜( ;∀;)」っていう人にとっては自由に選べるしもってこいのお店です。職場用のお土産にケースに入ったものもあったり、袋に入ったものもあったりして結構長居してしまいました。ココブラックはシドニーに2店舗しかないのに対し、へーグズはシドニーを歩いていればそこら中で見かけます。

  • ブーツ EMU VS UGG

オーストラリアと言えばムートンブーツです。他人へのお土産というか・・・これは自分用土産かな。シドニー歩いていればどこにでもあります。通りによっては「10m置きにあるんじゃない?( ̄∇ ̄)」って思うくらいそこら中にあるお店。シドニーに行く前は、「エミューのブーツがいいなぁ〜(*’▽’*)」と楽しみにしていたのですが・・・EMUは取扱店も少なければ置いてあるブーツの品数が少ない(ㆀ˘・з・˘)品数が少ないものだから、必然的に選択肢が狭まるわけで。。。結局、UGGにしました。EMUはオーストラリアメイドで、素材にもこだわっていて大人の女性向けデザインが多いです。シドニーには正規店舗がなく、取扱店舗のみ(昔はあったらしい)。宿泊先のシェラトンから歩いて行ける距離内に3店舗程、EMU取り扱い店がありましたが、何せ普通の靴屋の一角に置いてあるので、10品置いてあったかなかったか程度。色は、黒、グレー、青等シックな色合いが多いせいか、どこか高級感があるイメージ。デザインはシンプルで、若者受けするような感じではなく、大人の女性が好みそうなデザイン。シドニーのEMU取り扱い店には子どもの靴はありませんでしたがネットにはあります。私は濃い青のブーツが素敵だと思ったのだが、1種類くらいしか置いてないし、サイズないしすぐに店を出ました( ;∀;)UGGについては最初、「オーストラリアに来て、わざわざアメリカブーツなんか買うか?ʅ(◞‿◟)ʃ」と言っていたのですが、EMUに行った後、あまりの品数の少なさにブーツを買うことすら諦めかけた私が一目惚れしたのがUGGのブーツでした(゚∀゚)💖値段はEMUもUGGも同じくらい。

ただ、若い人は値段に加えて、デザインでもUGGを選ぶ人が多いでしょう。私が買ったのがピンクのアグブーツなのですが↑こういう「かわいい(((o(*゚▽゚*)o)))♡」デザインや色合いはUGGの方がたくさんあります。リボンをあしらったデザインもありますし、子ども用の靴もあります。王道の茶色のブーツも常時置いていますし、ブーツの高さも低いものから高いものまで様々。私の欲しいブーツは店頭品限りだったので3000円くらい割引してもらい購入しました。(リセッシュすりゃ大丈夫だろっ)UGGは店いっぱいに品物があり、奥にも在庫がたくさんありました。

結局、私はどこ製だろうが、素材が何だろうが、気に入ったものを買うのが一番だという結論に至りました(・∀・)私は最初、「せっかくオーストラリアに来たのだから、オーストラリアメイドで、素材にこだわったブーツがいいな」とか言ってましたが、UGGの店舗はたくさんありすぎて、どれがオーストラリア製?中国製?、UGGのどれがアメリカの会社?(´-`).。oOとめちゃめちゃ混乱しました。素材にこだわる人はちゃんとホームページからEMUなりUGG®なり調べて行くことをお勧めします。タグを見ればオーストラリアメイドか、中国製かはわかります。私は最終的に、「どーせ素材だの国だのにこだわってんのは金持ちか観光客くらいだからデザインだな」ということでデザインで選びました。

EMUもUGGもブーツ以外にもサンダルや羊毛が中に入った靴も製作しています。

EMUもUGGも日本でも購入できますが、オーストラリアで買ってよかった理由は値段が安かったことと、実際に試し履きができたという点が挙げられます。7月はオーストラリアのセールの時期だったので、そこら中のUGGの店で70%セール(大丈夫か?!(°▽°))とか50%セールとかセールをしていました。日本で購入するより半額以下で購入できました。

おまけ

私はイギリスの超薄切りのカリカリトースト(食パン)が大好きなのですが、残念ながら日本には売っていないので、海外で買ってきます。オーストラリアはスーパーで20枚くらい入ってかなり安く売ってるので是非カリカリトーストが食べたい方は買って帰ってくださいね。(賞味期限内に食べきれなかったら冷凍できるしね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)