コラム, 日々の出来事

常識を押し付けてくる人

「常識がない」と言われると腹立たしい\\\٩(๑`^´๑)۶////「お前の常識なんぞ知らん、押し付けてくるな( ̄ー ̄)」と言いたい。そもそも常識って何だ?昔から言い伝えられていること?親や学校の先生から教わったこと?皆が正しいと認識している考え方か?それってみんな共通した認識を持つということか?アホらしい。人は考えていることも思想ももちろん人それぞれ異なる。昔の人の認識を今も引きずって「これが常識です( ̄+ー ̄)」って言っている人こそヤバイ人である。そのような人は親や社会で当たり前と認識されている考えを当たり前のように継承し、自分は常識があると思い込んで、常識から外れている人を「お前には常識がない!」などと叩く。自分は正しい考えを持っていると勘違いしている。いとあはれʅ(◞‿◟)ʃ。自分の常識を他人にも強要しようとするヤツは無視!したいところだが、教えてあげないといけない。こう言う凝り固まった考え方は年を取れば取るほど錆びついてなかなか取ることが難しいので何度も説明しないといけないが、中には一生錆びついた考えが取れない人もいる。

自由な思考とは他人から押し付けられた考え方で脳が満たされているうちは全く出来ないに等しい。自分で判断し、行動していくためには自分自身につきまとっている親や教師から言われたことで満たされた考え方をトコトン疑い、「うるせ〜o(`ω´ )o」と殻を破り、世間の常識とやらをぶっ壊していくことが必要となる。私は親の言うことを素直に聞いていいのは物心つくまでだと思っている。親は自分の考え方と違うと「そうじゃないでしょ!!違うでしょ!!」と子どもを叱り、子どもが言うことを聞かないものなら、「うちの子は大丈夫であろうか(;ω;)」と心配する人がいるが、むしろ逆である。子どもが反抗し、親に歯向かってきたり、「うるせーチゲ〜よ!!」と親と違う考え方を持ってきたら「うちの子は成長しているな(*゚▽゚*)」とむしろ喜ぶべきなのである。親の常識を「はい、わかりました( ̄^ ̄)ゞ」と素直に聞いていると、子どもは親の指示を待つことが当たり前になり、自分で判断し、行動できなくなってしまう。常識を破ること、親の敷いたレールがあるなら踏み外してみることが大人への第一歩。親は子どもに過度な期待をかけて、「こうなってほしい」という自分の理想を押し付けがちだが、誠に恩着せがましい。「お前には常識というものがなっていない!!」と言われたら迷わず「うるせー\\\٩(๑`^´๑)۶////」と言いましょう。そして常識を押し付けてくる人には気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)