コラム, 日々の出来事

好きなことをして生きる

努力は一切必要ありません。やりたくないことをし続けていくと本当にやりたいことが見えてこない。考えも卑屈になってくる。他人が羨ましくなって妬みや恨みの感情が沸く。他人と比較して自分は出来ない、無理だと思うようになる。大人になればなるほどそういう考えが習慣化して錆のようにこべりついてしまっている。そういう考えやめればいいのに。厄介なのはやりたくないことをし続けていて、自分は頑張っている、やりたくないことでもやらなければいけないことがあるんだ!努力が大事なんだ!と頑固になっている人。やりたくない事をやり続けて成果を上げたり、周りから評価されると勘違いしてそれが自信に繋がってしまっている。感情的になったり、攻撃的になったり、食生活が乱れたり、病気になったり・・・大変だね。やめればいいのに。

小さい頃テレビゲームでも絵を描くでもドッジボールでもご飯食べるのも忘れて夢中になったものが誰でも1つや2つあっただろう。そういう寝食忘れて夢中になれるものをすると幸せになれる。したいことをする。なんて事ない。楽しいだけだ。自分には無理だ!可能性なんてない!やりたくなくてもやらなければならない!と思ってやりたくないことをしょうがなく続けて生きていると社会の奴隷となる。やりたいことをし続けていくと、ある日とんでもなく大きな目標が現れる。自分はできる、大きな可能性があると信じて目標に向かっていくと毎日がワクワクして幸せな日々が送れる。不思議だ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)