コラム, 日々の出来事

働きたい人と働きたくない人

働くのはなぜか?「何となく…」、「生活できなくなるから。」、「みんな働いているから。」等、本当は働きたくない人は働くのをやめましょう。そして、どんどん自分がやりたいことをしましょう。働きたいが、今の仕事はやりたいことではない人。今すぐ転職するか起業しましょう。仕事はたくさんありますし、作れます。

働きたくない人がどんどん仕事を辞めれば、本当に働きたい人だけになります。その方がどんどん生産性は上がるし、日本の働くシステム、働き方等、今の働き方改革どころではなくどんどん国が変わっていきます。そして、働きたくなかった人達がどんどんやりたいことを見つけられます。

生活保護受給者のニュースが話題になることがありますが、働きたくないのに働いていると心身ともに支障をきたしますのでそちらの方が問題です。生活保護受給に関して「不正受給だ!」と、とやかく言う人は本当は働きたくない人、或いは彼らが羨ましいのです。人は自由になった方が脳がクリエイティブになります。生活保護の方の中で「本当はこうなりたいのに出来ない」という人は考え方次第、意識の持ち方を変えれば、本当にやりたいことが見つかり、行動します。体調が悪い方や身体の不自由がある方も同様です。人間誰しもやりたいことがあります。「こうなりたい!」という人間の心の中の叫びはどんなことがあっても侵されることはありません。やりたいことをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)