鉄道

ヨーロッパ 鉄道の旅

事前購入のススメ

ヨーロッパ旅行の中で使用した鉄道会社や予約したサイトをご紹介✨✨

全て事前購入し、予約画面を印刷して持って行きました。全ての区間で英語が通じたし、結構距離が長くて暇かな〜とも思ってたけど、窓の外眺めたりガイドブック読んだりしていたらあっという間!!快適でした。列車の場合は乗る!!って決めたら早く予約するのが断然特なので、事前購入をお勧めします 。後日、変更効くようなフレキシブルタイプを選ぶかどうか、時間帯、日にちによっても変動しますが、シートで横になれて、トイレも綺麗な方がいいなと思ったら1等車がお得!!プラハやウィーンといった中欧の鉄道は1等車でも快適で安いです。ユーロスターは流石に高くて、2時間チョイで1等車だと結構な1人4万5千( ;∀;)だったので、2等車に乗りました。

食事

1等車では車内でおしぼりの提供やコーヒー、紅茶、水、軽食のサービスがあるところ、食堂付き列車もありますが、食事は期待しない方がいいです。何でも腹に入れば一緒という方は別ですが、偏食家の私は、「事前にデパートで惣菜買うとか街の美味しいパン屋さんでも寄って買っておくんだった〜!!」と後悔することが多々ありました。唯一タリスに乗った時のパンはお代わり自由で日本みたいな温かくて美味しいパンだったなぁ〜という印象しかないので、事前に買っていくとか腹一杯食べてから乗り込む方が絶対いい。長時間の寝台列車でも水だけの支給で、食事がない列車は普通にあります。空腹だと長時間の長旅はかなりキツイので、事前に食べておいて、食事が出たらラッキーくらいに思ってる方がいいです。

  • ミュンヘンーウィーン間

ミュンヘン中央駅はオクトーバーフェスト前ということもあり大賑わい。

レイルジェットというオーストリアの鉄道会社でミュンヘンーウィーン間を最短4時間で結びます。私たちは1等車を使用。食堂車もあるし、ドリンクサービスもあるし、シートの乗り心地も良かった。9月中旬旅行にはいい季節♪でも空いてるし、かなり綺麗な車両↓↓車内ガラ空きすぎて隣の車両に移動して写真を撮ったり。

レイルジェット1等車内

↓↓こんな感じの景色が広がり・・・

ミュンヘンーウィーン間の景色

時にあっ!!ザルツブルグだぁ〜なんてはしゃいだり・・・

ザルツブルグ駅

大きいキャリーバッグ2個と大きな手荷物2個で行きましたが、日本の車両のように十分に荷物を置ける場所がありました。車内も清潔で、携帯充電できたし、1等車は車両が少なくて人が少なく大変静かでした。下のサイトから日本語で予約できます↓↓今の時点(2017.7.11)では当日買うと変更がきかない格安最安値で11000円しますが、例えば2ヶ月後旅行があるとして事前購入すると格安で片道(2017.7.11)2等8400円、1等9700円(←1人料金)で出てますので断然事前購入がお得。

Rail Europe(レイルヨーロッパはヨーロッパ中の鉄道が予約できるサイト)↓↓

http://www.raileurope-japan.com

もっと安くなる方法!!2ヶ月後の旅行がわかってたら予約は直接オーストリア連邦鉄道(ÖBB)のサイト↓↓から(英語かドイツ語のみ)で予約すると最安値で片道1等車47ユーロ(6110円くらい)、2等車32ユーロ(4160円くらい)で予約できるのでさらに断然お得(๑╹ω╹๑ )

オーストリア連邦鉄道(ÖBB)のサイト↓↓

https://tickets.oebb.at/en/ticket

レイルヨーロッパでさらに安くってなるとICE(ドイツが作った鉄道)等他の鉄道やオーストリア連邦鉄道(ÖBB)と組み合わせたりで乗り換えすることでさらに安くなります。ただし、大きい荷物がある場合は乗り換えない方が楽・・・オーストリア連邦鉄道(ÖBB)は最安値で直行便が出てるので、それが一番いい。それぞれのサイトから行きたい都市を検索するとプランが出てますので検索してみてねd( ̄  ̄)私は行った時はオーストリア連邦鉄道(ÖBB)のサイトから予約しました。

  • ウィーンープラハ間

レイルジェット

↑↑これもレイルジェット!!プラハーウィーン間を結ぶ鉄道は(4時間くらい)チェコとオーストリアにゆかりのあるクラシックの作曲家の名前が列車名ごとにつけられてて、例えばモーツアルト号とかドヴォルザーク号とかシューベルト号とかマーラー号とか名前がついてて面白い。特別何かあるってわけじゃなくて車両も同じだし、車内に作曲家の顔写真が飾られたりしてるわけではありません。ただ名前がついてるだけ。これはクラシック音楽ファンにはたまらない♪( ´▽`)私はシューベルト号でした(๑╹ω╹๑ )知ってるのと知らないのでは気分が違うよね〜。せっかくなら鉄道を愛したドヴォルザーク号に乗りたかったけど時間が合わず。。。全然混雑しておらず、荷物も日本の新幹線のような置き場があるので、余裕で置けました。

 

  • プラハーケルン経由でパリへ

プラハ中央駅

シティーナイトライン(CNL)という鉄道を使い寝台列車でプラハーケルンで使用

City Night Line

一等車は個室。ベッドはThe 寝台列車の形で大人一人入れるシャワー&トイレ付き。部屋の中に荷物入れれるので、荷物の心配も不要。石鹸もあるし、温か〜いお湯(も出るし、エアコンもちゃんと機能するから寒くない。携帯も充電できるし、足元も十分広いし人生初の寝台列車なかなか良かった╰(*´︶`*)╯♡ただ1つだけ、隣の列車とは壁1枚分くらいの薄い感じで、隣シャワー使ってるな〜とか喋ってるな〜とかがわかる感じ。それだけなら全然我慢できるんだけど、実は壁ではなく、どちらからでも開けられるドアで仕切られていて、夜中に寝ようと思ったら隣の部屋にアジア人複数人が来たな〜って思ってたら突然、隣の人が仕切りのドアをガチャガチャしてて、嫌な予感が的中し、ドアが開いて隣のアジア人男と目があった。仕切りのドアの前にはキャリーケース2つや荷物を置いてはいたものの、向こうは手前に引いたら開けれる部屋だったので、無駄でしたo(`ω´ )o不満といえばそれくらいかな・・・

私たちが2年前に使ったシティーナイトラインは現在はオーストリア連邦国鉄(ÖBB)が引き継ぎ、「NIGHTJET(ナイトジェット)」っていう名前になったらしい↓↓

https://www.oebb.at/de/angebote-ermaessigungen/nightjet

ケルン駅

ケルンには朝5時頃到着しましたが、9月中旬なのにすごく寒くてマフラー+ジャケットでもブルブル震えてました_:(´ཀ`」 ∠):ケルンでの乗り換え時間が5時間ほどあったので、まず大型ロッカー↓に荷物を預けました。英語での操作も可能。お金を入れると預かってくれます。

大きいキャリーケースも入ります。

コインロッカー

その後駅のすぐ前にあるケルン大聖堂に行きました。

   ケルン大聖堂

朝早くから空いているのでいいですね♪♪すごい建築です。ケルン駅を出たところ、清々しいヨーロッパの朝に荘厳な大聖堂って贅沢だな〜いい空気って思ってたらおPっこ臭が・・・( ;∀;)ケルン大聖堂の横にある広場で朝っぱらからおじさんがホース持って広場を掃除してました。ビール文化ドイツならではの光景か?!ちょっと残念。。。

ケルン大聖堂

ケルン大聖堂内には朝早くから数名の人がいました。中の建築も素敵💖気分爽快(//∇//)

あまりにも寒くて、ケルン駅に戻りDBラウンジ(タリスの1等予約者は無料で使える)で温かい飲み物を飲みながらパリ行きの出発まで時間を潰しました。ガラガラなのに朝から結構な数のスタッフが配置されていて、暇そうに喋ったり突っ立ってたりしてた。飲み物飲み終わると暇なのかすぐに片付けられて、お代わりっていうとすぐ持ってきてくれる。でもラウンジでも超〜寒がりな私は結構寒くて、早くタリスに乗りたいと思った。ラウンジ自体は混み合ってなかったし、ソファーもトイレも綺麗で飲み物飲み放題。仕事するようなスペースもあり。空港のラウンジを思わせる感じ。もうちょっと暖かかったら最高!!

タリスに乗ると流石はパリ行き!車内も混み合ってました。1等車でしたが、暖かくて、飲み物やパン等サービスも良くて3時間くらいの旅♪1人1万くらいしましたが、ケルンでのラウンジも無料ということで価値があると思い、1等車を選びました。タリスは下のサイトから予約しました↓↓

thalys公式サイト

https://www.thalys.com/nl/en/services/before/your-train-ticket

ヨーロッパの田園風景

こういうヨーロッパの田園風景がとっても綺麗で、牛が茶色で、草と大きな空を見てるだけで和みます。飛行機で行った方が早いけど、こういう時間をお金で買うのもいいなぁ〜って思った(╹◡╹)💖

  • パリーロンドン間

ユーロスター

ユーロスターで2等車を利用し、ロンドンまで乗りました 😉 パリ北駅は大きな駅ですが、治安が悪いので注意してください。ジプシーが多いのでシカトシカト!!荷物多いと大変ですが、カバンは絶対肌身離さずしっかり握っててくださいね!!出国審査もあるので(20分くらい並んだ)かなり余裕を持っていくことをお勧めします。広い待合も座る場所を確保しようとウロウロしてもないくらい人で混み合っていました。ユーロスターの2等車の荷物置き場は取り合いになります。私たちは4つ置きたかったので頑張って走りましたε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ユーロスターはひたすら爆睡。。。

おまけ

ロンドン

ユーロスターの良いところはロンドン中心地に着くのでその後の移動が大変便利です。

結局レイルヨーロッパ等のサイトからどの鉄道が走ってるのかだけを調べて、直接鉄道公式サイトから事前購入するのが一番安い。ただ、日本語サイトを利用したい場合は高いがレイルヨーロッパや代理店、旅行会社を使用するのもよし\\\\٩( ‘ω’ )و ////

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)