神戸の美味しいお店

グリル末松VSグリル一平

神戸はたくさんの洋食店がありますが、グリル末松もグリル一平も三ノ宮では有名な洋食屋さんであり、大変人気です。土日ともなれば開店前から行列が出来ており、待ち時間も長いです。

 

 

グリル末松は三ノ宮と新神戸駅の間くらいにあり、少し歩かないといけないのが不便ですが行列が出来るだけあり、味は美味しいです。神戸と言えばやはりビフカツ・・・ですが、私はビフカツ苦手なので日替わり定食を頼みました。

グリル末松はグリル一平に比べるとアットホームな雰囲気で、二階には座敷もあります。土曜の開店10分前に並ぶと既に10人以上先客がいました。開店直後は入れなかったのでお店の外で待つことに。グリル末松は男性、女性のお一人様やカップル、夫婦が多いイメージ。

グリル末松の値段は良心的で、大人気店にも関わらず、ご飯とスープとメインで1000円以内で食べれるものが多いのもいいですし、グリル一平と比べると、手作り感があり、味も優しいです。とても美味しい家庭料理のようなどこか懐かしい味がします。昔ながらの味とはこのことか?!店員さんは忙しそうですが接客は丁寧です。1階と2階と雰囲気が全然違います。2階の階段が急なので、短いスカートの女性は要注意!

  • グリル一平 三宮店

   

JR三ノ宮駅から5〜10分と大変便利な場所にある為、私は圧倒的にこちらに行くことが多いです。ここも開店前から行列が出来るので、ここはランチなら14:30前、ディナーなら20:30前のラストオーダーギリギリに行きます。

昨日は土曜ランチで利用しましたが14:10着で前に1組並んでいました。お店の中に椅子があるので行列の先頭の方の方々は暑さや寒さは凌げます。ここは若いカップルや夫婦が多いですね。カウンターもあるので、会社帰りに利用するスーツ姿のお一人様もいます。

ファミレスとレストランを足して2で割ったような感じの雰囲気です。サラダはファミレスのようにハンバーグは自分で好きなドレッシングをかけて、メインはレストランで出てくるようなハイクオリティな味。デミグラスソースがまた大変美味しいです。私は目玉焼きを抜いてもらい注文しますが、新開地本店ではハンバーグの上に乗っている目玉焼きがハートの形をしているそう。

メインはグリル末松と比べると家庭的な味ではなく、ハンバーグはしっかり胡椒が効いてて、レストランで出てくるような味です。間違いなく美味しいです。ただ、いつも2人で3000円以上になるので、ランチではやや高いですね。

新開地が本店で、その他元町にもあります。

おまけ

その他、三ノ宮近くで行列が出来るお店はラミがあります。ここも大変美味しい洋食屋さんですが、休日は開店前に並びます。値段もリーズナブルでアットホーム、美味しい手作りハンバーグが出来るのがハンバーグ専門店の克まるです。

そんな中、穴場なのが洋食屋ナカムラ!とても美味しく店内も綺麗なのに店内がガランとしていて日曜の昼時なのにすぐに入れました。ハンバーグもボリューム満点で大変ジューシ〜💖食べログの点数が年々グングン上がっています。並びたくなくて、すぐに美味しいハンバーグが食べたい時はここに行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)