イタリアのススメ, 私の海外での過ごし方

イタリアの移動

イタリアでの移動

エディハドのプロペラ機

  • 飛行機旅

ミラノ〜パレルモ、パレルモ〜ランペドゥーザ島、ランペドゥーザ島〜カターニャ、バーリ〜ミラノ

パレルモの空港は何もなくて待ってるのがしんどかった(>人<;)みんな7月はバカンスシーズンなのか?!空港ごった返してて、テーブルと椅子を確保して休むのも一苦労囧rz

ランペドゥーザ島の空港はこぢんまりとしていて、小さな空港だったのですが、黒いスーツを着たSPがまとまってゾロゾロ動いていて、ランペドゥーザ島はバカンスには最高の場所なので要人も来そうだな〜と思った。X線検査場の人とか日本から来たって言ったらめっちゃ気さくで面白かった。

バーリの空港は結構近代化っぽい感じで空港内も綺麗✨✨(シチリアの空港やミラノの2つの空港と比べても清潔)カフェがあったり、お土産屋さんとかお腹すいたなぁ〜って思ってもちょっとしたサラダだったりパスタだったり量り売りで売ってるし、すぐ食べれてGOOD🍴ミラノのレストランは、高い!!安いところは混んでるし景色が良い所は席がない!!それに比べたらバーリの空港は空いてるし、街もバスで巡回した限りではちょっと行ってみたいな〜って思うような街並み(´⊙ω⊙`)

イタリアの車窓から

アリタリアとエディハドの飛行機に乗った時のCAさんの制服が超〜素敵💖モデルみたいに細くて背の高い美人が制服着てるもんだから尚更見とれてしまった(//∇//)因みに私が一番好きなCAの制服はクリスチャンディオールがデザインしたエールフランスの制服(๑>◡<๑)💖シンガポール航空の制服💖こういう洗練された制服見ると憧れるわ(//∇//)

  • 電車旅

イタリアの電車

カターニャ〜パオラ、パオラ〜コリリアーノ・カーラブロ

イタリアの電車の旅では、駅に電車が止まったまま動かないことがあった。「何があったんだろう?!」って思ってたら「外へ荷物持って出てください」って急に言われて暑い中しばらく待ったが動かず。結局違う電車に乗り換えるハメに(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾60〜70代くらいの車掌さんが一所懸命乗り換え作業に徹していて乗り換え後のまだ冷房が効いていないアツアツ電車の中で忙しそうに働いていました。1等車だったので、水を配りに来てくれたり、「冷房効くまで待ってて」とかすごく人が良さそうなおじいさんでした。パオラという駅で降りるときも、「もう出た方がいいよ〜」とか「次がパオラだから」って教えてくれたり優しかった。電車から降りるとき、大きいスーツケース下ろすのも手伝ってくれておじいさんのお陰で、ハプニング遭ってもいい旅だったなぁ〜と思えた。

   

パオラ駅は本当に地方の廃れた小さな駅って感じで、田舎。ホテルの場所らしきところに着くと、1階がレストランになってて、若くてイケイケの兄ちゃんがサービスで「俺のオススメだ」と1ショット強そうなお酒をサービスしてくれた。(私は酒飲めないので)ペロッと舐めた感じはブルーハワイにミントを効かせてアルコール度数ガンガン上げたような甘い酒だったが飲めません〜(;ω;)ってことでサッと旦那さんにグラス渡して飲んでもらった。

ホテルのフロントはなくて、レストランの1階入り口で手続きし、(こんなお兄ちゃんにパスポート渡して大丈夫か?!と一瞬思ったが(¬_¬))ホテルにお姉ちゃん(お兄ちゃんのガールフレンドらしい)に部屋まで案内してもらうと、レストランの2階の部屋全部をホテルにしているようで、ホテルのスイートルームくらいの広さがあり、いわゆる普通のイタリアの民家であった。家具も内装も花柄で素敵で、お兄ちゃんとはかけ離れたイメージだったので、ギャップが面白かった。荷物を置いて下に降りると食事してくか?とお兄ちゃんに誘われ、1階で食事をすることに。全く期待はしていなかったが、やはり海岸沿いだからかイカとかタコとかめちゃめちゃ魚介が新鮮で柔らかくて、想像以上に美味しかった(●´ω`●)この辺りはメザシが有名らしく、日本のメザシの唐揚げと同じ味で全然食べれた。ホテルは鍵をポストに入れて勝手に出ていいよ〜って感じのテキトーさだったので、朝早く出発しました。

日本みたいに自動販売機に水がなかったので、夜ウロウロしてコンビニ行った。コンビニ店員のヤンキー兄ちゃんがテキトーで友達3人くらいと店番しながら喋っていた。英語で水下さいって行ったら誰もわからなくて全然通じない!!水だよ水!!ウォーターだよわかる?水だよ!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾って言い続けてたらヤンキー兄ちゃん軍団も見た目と違って必死に探してくれて、ベンティ?トール?とか格闘したのち、やっと買えた。イタリアの田舎ってマジで英語が通じない人いるけど、見た目に惑わされてはいけないね〜(^◇^;)

カラブリア州は・・・自然な豊かなところでした。この辺になると駅も便座がなかったり不衛生っぽい感じです。ただ、コゼンツァ辺りを走ってる車両は綺麗で、広くて、スーツケース持って乗っても全然人の邪魔にならないくらい広い電車でびっくり!!旅で出会ったカラブリア州出身の人曰く、この辺は玉ねぎの赤い酢漬けみたいなのがお土産で有名らしい。

イタリアの車窓から

  • バス旅

コリリアーノ・カーラブロ〜バーリ

飛行機もバスも電車も時間通りで良かった。(←イタリアって遅れそうで心配だった)バスの下の部分にスーツケース入れれるところもあったし、バスの中にトイレも完備(まぁ〜汚いけど( ̄∀ ̄))ひたすらイタリア映画に出て来そうな田舎道をずぅ〜っと走ってました。さすがイタリア!!ぶどうとかオレンジの木がたくさんありました♪♪大都市ではないのどかな風景も落ち着きます💖

  • 船旅

メッシーナ海峡♪♪シチリア島から本土に行くときに通りましたが、ここはな、な、な、なんと電車に乗ったままフェリーに乗り、移動できるんです!!それくらいでかい船で海を渡ります。誰が考えたんだろう。。。

連絡船連絡船

船を接続している間、乗客は電車に乗っていても良いし外に出てもOK!!(๑>◡<๑)ただ、電車の中は空調が切れるので(7月)めちゃめちゃ暑くてマジで死にそうになったが、みんなが外出てるわけではなく、車内に残ってる人もいる。私は大きいスーツケースやカバン等あったから荷物番を誰かしてないと怖いし、1時間くらい暑さに耐えてた_:(´ཀ`」 ∠):旦那さんは外で色々写真を撮って感動していた。

メッシーナ メッシーナ

外の景色もいいし、電車ごと船乗るってかなり大掛かりですごいことしてたんだなと思いながら回想・・・

メッシーナ連絡船

シチリア島タオルミーナの海岸は海が綺麗で、電車で通ると海の透明度が高いところが所々あっておりたい気分になった。みんな海で遊んだりパラソルの下で休んだり、子ども連れがたくさんいました🏖シチリアといえばシチリアレモン💖普通のレモンよりも大きくて、果汁がめちゃめちゃでるし甘いらしい。シチリアも素敵です(((o(*゚▽゚*)o)))

メッシーナ連絡船

青い空に青い海!!冬にこういう景色見ると寂しくなっちゃうけど、夏だと気持ちがいいですなぁ〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

メッシーナ メッシーナ

私は酔いやすく、心配していたが、全然揺れることもなくいつの間にか到着!!

メッシーナ

おまけ

7月で移動も多いし、ズボンだと暑い!!治安が心配であったがワンピースでウロウロしておりました╰(*´︶`*)╯♡イタリア人は服装オシャレなイメージでしたが、オシャレなのは大都市だけで、田舎はTシャツに半ズボン、ヨレヨレのワンピース等日本と変わりなかった!!(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)